航空機

欧米で進むバイオジェット燃料の規格化

ASTM D7566規格認証を受けると、現在のジェット燃料の規格であるASTM D1655の要件を満たすものと見なされ、代替燃料として規格面では民間航空機でいつでも使用可能となる。すなわち、エンジンや機体の改変を要しない、Drop-in Fuel として導入することができる。ただし、現時点では石油由来のジェット燃料と混合して使用することが義務付けられている。
航空機

航空機用の代替燃料(化石燃料、総植物由来、水)

航空機用の代替燃料は、化石燃料由来、動植物由来、水(水蒸気)に大分類できる。中でも、動植物由来のバイオ燃料については化石燃料を原料としないため、カーボンニュートラル(Carbon neutral)の考えに沿った代替燃料として期待が大きい。
航空機

国際航空のCO2排出量の削減とSAFの導入

連の国際民間航空機関(ICAO)は2020 年以降 CO2 排出量を増加させないとし、2050年まで燃料効率の年率2%改善を目標に策定している。このCO2排出量の削減目標に対して代替燃料としての持続可能な航空燃料(SAF)への期待は極めて大きく、欧米を中心にバイオジェット燃料の開発・導入が推進されている。
自動車

自動車の接合・接着技術

現在、自動車で利用されている機械的締結はリベット接合やセルフピアスリベット締結である。また、抵抗スポット溶接、抵抗シーム溶接、低入熱アーク溶接、最近になってレーザー溶接が採用されている。次世代接合技術として摩擦撹拌接合(FSW)や熱可塑性樹脂(CFRTPを含む)/金属材料の接着技術が注目されている。
エネルギー

異種材料の継手設計について

形状不連続のない平板の場合でも、異種材料の接合界面端部近傍には材料不連続に起因する顕著な応力集中が生じる。そのためアルミ合金ー炭素鋼やCFRPー炭素鋼などの異種材料継手の設計法の概念を構築し、継手設計指針として体系的にまとめる必要がある。
自動車

自動車の軽量化に向けた変革

マルチマテリアル化の目的は、適材適所よるものづくりにある。また、この適材適所はガソリン車、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車などの車種とは無関係に自動車に共通の課題である。これにより革新的な軽量化の実現が可能となる。
自動車

バイオエタノールとは?

バイオエタノールは、農作物、木材・古紙などの植物の糖分を微生物によってアルコール発酵させ、蒸留して作られる液体アルコール(C2H5OH)であり、ガソリン代替、またはガソリンとの任意の濃度での混合利用が可能である。
自動車

バイオディーゼルとは?

バイオディーゼルはバイオマス(菜種油、パーム油、大豆油、魚油・獣油、廃食用油など)の油脂を原料としたもので、主にディーゼルエンジン向けの燃料である。油脂は粘度が高いため、主にアルカリ触媒法(湿式洗浄法)でグリセリンを除去して精製される。
自動車

バイオエタノールの導入目標

バイオエタノールは、気候変動枠組条約では「カーボンニュートラル」として位置づけられており、使用時にCO2排出量には計上されない。そのため自動車用ガソリンの代替燃料としてバイオエタノールを使用できれば、CO2排出量の削減につながる。
自動車

自動車の未来予測(BEV?、FCEV?)

地球温暖化問題への対応から、今後は再生可能エネルギーによる電力で走る電気自動車やグリーン水素を使う燃料電池自動車などが主要な位置を占める。加えて、液体バイオ燃料が低価格で供給できるようになれば、従来の内燃機関自動車の復活も夢ではない。